石垣島の植物通販”ファンタジア”

View Cart
メールマガジンの登録・解除

ピンクのプリンセス トックリキワタの中大苗(実生5年 高さ60cm程度 幹は年数と共に太ります):1苗

型番レア!!
販売価格

19,800円(内税)

在庫数売り切れ間近!残り1苗です
購入数


< トックリキワタ >






☆☆☆ バオバブを超えるトックリキワタ ☆☆☆






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



<”トックリキワタ”をご存知ですか?>



少し離れた所から、”この木”を見た人は、

みんな写真で見た”あの木”だと思います。そう、バオバブです。

誰もが、自分で植えたバオバブが、写真で見たトックリ型の幹に

育つことを夢見ますが、これはもう不可能と言うしかありません。

最低300歳まで生きられれば、できなくもありませんが・・・。



この夢を実現させてくれる素晴らしい植物が存在します。

それが、”トックリキワタ”です。

成長が早く、2、30年で立派なバオバブ型になります。

これなら、トックリ型の幹に頬擦りして、うっとりできそうです。



それに、バオバブには無い魅力もあります。

それは花。

バオバブの花は、ネムノキの花を大きくした様な花で、それなりに

美しいのですが、どの種類のバオバブの花も殆ど白だけで、

しかも、一夜花です。

これに対し、”トックリキワタ”は花色が桃、赤紫、白、淡黄色と

多彩で、一花が数日持ち、さらに花数が多く、樹全体としては、

一ヶ月ほど咲き続けます。



欠点に当たるのは、幹に太いトゲがあることでしょうか?

トゲは太く鈍いので、触ったぐらいで積極的に刺さると言う

感じではありませんが、ぶつかると、それなりに痛いです。

トゲは、個体差が大きく、トゲだらけからトゲ無しまであります。

トゲが嫌な方は、トゲをそぎ落とす(痕跡は殆ど残りません)か、

実生苗を何本か用意し、選抜しても良いと思います。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



< ”トックリキワタ”をもっと知りたい方へ >



”トックリキワタ”は、ブラジル、アルゼンチン原産の花木です。

分類は、バオバブと同じキワタ科(パンヤ科)です。

道理で似ている訳です。



ここ石垣島では、12月から1月に開花する真冬の花です。

石垣島に冬はありませんが。ワハハ。

開花後、長さ20cm、直径8cmのカカオの様な緑の実が成り

ますが、極端な自家不稔性を有していて、花一万個に一個しか

実が止まりません。傍に別の実生固体が花を咲かせていても

そうなので、自家不稔性は当たらないかも知れませんが。

”ファンタジア”では、石垣島では、花の咲く時期の気温が、

高すぎるのではないかと推測しております。



実は5月に、茶変すると外皮が縦5分割で割れ、中から

ふわふわの綿に包まれた種が風に乗り、青空を浮遊します。

この綿こそが、キワタを言われる所以です。

この綿は、カッポク綿と呼ばれ、実際に枕、クッションなどの

詰め物として利用されています。



種が飛んだ後、赤い新芽を出し、バオバブそっくりの掌状複葉の

涼しげな葉を茂らせます。

また、バオバブ同様幹や枝にも葉緑素があり、光合成を行います。

これは、乾季に葉が全部落ちても、体力維持に役立ちます。



種は黒く、直径5mmの球形で、採播きで良く発芽します。

実生苗は、そのまま育てると1.5m位までは分枝せずに単幹で

育ちます。放任栽培はこれでも良いのですが、鉢植え、風対策を

考えると早い時期の芽摘み、剪定が必要です。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆