石垣島の植物通販”ファンタジア”

View Cart
メールマガジンの登録・解除

毎年咲く奇花 タッカ・シャントリエリ(ブラック・キャット)の地掘り大苗(数年の開花実績あり 現在開花中ではありません):1苗

型番待望の入荷!! 殆ど流通しない 3苗限定!!
販売価格

29,800円(内税)

在庫数残り2苗です
購入数
< タッカ・シャントリエリ:Tacca chantrieri > ◎黒猫かコウモリか!? 東南アジアのジャングルに秘かに咲く、謎の奇花タッカ・シャントリエリTacca chantrieri、別名:ブラック・キャット。 ◎とにかく全身黒尽くめの奇怪な花です。幅広の2枚の黒紫色の大きな苞の中央に、黒紫色の星形の花がぶら下がって咲きます。さらに、不稔性花柄と言う花の着かない細長い花柄が、髭の様に多数ぶら下がります。 ◎咲く前は、苞は緑色のままで、徐々に黒紫色に色付いてきます。咲き始め、髭はぴんと横に張っていて、蕾の部分が目になり、黒猫の顔の出来上がりです。咲き進むと髭は長く垂れ下がり、黒紫色の苞の部分を主体に見るとコウモリの様にも見えます。 ◎受粉は非常に稀ですが、うまく受粉すると、花の下部が徐々に伸びだし最終的には長さ6cmほどの黒紫色の実になり、ブラブラぶら垂れ下がります。実の内部には数十個の種がありますが、熟成するまでに約10ヶ月を要します。 ◎葉は、大型の広披針型で地下茎から直接出ます。ゆったりと大きな葉も魅力的で、観葉植物としても利用されます。現地では、地下茎からデンプンを採ると言うことです。 ◎排水の良い用土に植え、高温、多湿に管理し、葉水も十分に与えます。繁殖は株分けと実生によります。