石垣島の植物通販”ファンタジア”

View Cart
メールマガジンの登録・解除

Fantasia特選ジャボチカバの湿潤保存種子(種周りの果肉状物は除去してすぐに播種 保存不可 多少発酵臭あり):1包(5粒)

型番短期販売!! 完売 次回未定
販売価格

1,200円(内税)

在庫数在庫0包売り切れ中。
< ジャボチカバ:Plinia cauliflora > ◎ブラジル原産の果樹、幹に直接開花し、結実するのが大きな特徴で、巨峰そっくりの実が何百個も幹に直接付き、幹を覆いつくさんばかりに成る様は、イヌビワ類の結果に似て異様な光景です。 ◎花は同じフトモモ科のグアバにそっくりですが実は似ても似つかない果実です。 ◎果実は小ぶりな巨峰そっくりで直径3〜4cm、黒紫色の厚目の果皮、果肉は半透明な赤紫色で種が1〜4個入っており、種は多胚性で胚の殆どが親と同じ遺伝子を持ちます。 ◎ブラジルなどの市場では定常的に売られ、生食されていますが、果実は日持ちしないため日本では殆どお目にかかれません。 ◎そこそこ耐寒性があり、成長が遅いですが、現地では最終的に10mに達し、幹が太るに従い収穫量が増加し、孫子の代まで利用できる財産となる有用な果樹です。 ◎ジャボチカバ以外にもブラジリアングレープツリー、グアペルーなど多数の呼び名があり、また、Eugenia cauliflora、Myrciaria cauliflora などシノニムが異様に多いのも人に気に掛けて貰っている証拠でしょうか?